【モンスターズ・ユニバーシティ】の吹き替え声優まとめ!

sponsored link
モンスターズ・ユニバーシティ

アニメ【モンスターズ・ユニバーシティ】
2013年に公開されたピクサー製作のCGアニメーション映画。

前作は、「モンスターズ・インク」で、セリアに出会う前のサリーとマイクの大学時代を舞台にした冒険が描かれている。

2016年3月12日に土曜プレイアムで放送

目次↓
1.あらすじ【モンスターズ・ユニバーシティ】
2.吹き替え声優【モンスターズ・ユニバーシティ】
3.まとめ【モンスターズ・ユニバーシティ】

sponsored link

あらすじ【モンスターズ・ユニバーシティ】

マイク・ワゾウスキ(マイク)は、小学生の頃は、小さい身体つきを理由に、同級生から鬱陶しく思われていた。そんなある日、学校の授業でモンスターズ・インクの見学にきた時に、“怖がらせ屋”フランク・マッケイの勇姿を目の当たりにし、自分も怖がらせ屋になることを決意する。 月日は流れ、マイクはフランクの出身校・モンスターズ・ユニバーシティ(MU)に入学することに。

マイクが所属する、怖がらせ屋を育成する「怖がらせ学部」には著名な怖がらせ屋を代々輩出するサリバン家のエリート、ジェームズ・P・サリバン(サリー)やランドール・ボッグス(ランディ)も入学していた。 しかしサリーは自らの才能にかまけており、なにかにつけて努力家のマイクを馬鹿にする。

そして、怖がらせ学部の期末試験の日。試験に臨もうとするマイクとサリーだったが、二人は小競り合いの末ハードスクラブル学長の記念悲鳴ボンベを壊してしまい、ついには学長に「二人とも怖がらせ屋には向いていない」と言い放たれてしまう。 学部を追放され、苛立つサリーと意気消沈するマイク。そんな時、部屋に戻ったマイクの目に飛び込んできたのは、MUの伝統行事「怖がらせ大会」のチラシ。彼は怖がらせ学部に復帰するために大会への出場を決意する。出場資格は6人の団体であること─そんな中マイクとサリーを唯一受け入れてくれたのは、MUの落ちこぼれ達が集うサークル「ウーズマ・カッパ」。へんてこながらも愛すべき仲間たちと大会での優勝を目指すことになる。衝突しながらも友情を深めていくマイクとサリー。 果たして、彼らは怖がらせ屋として再び認めてもらえるのか?

引用:ウィキペディアより

 

吹き替え声優【モンスターズ・ユニバーシティ】

マイク(幼少期)
吹き替え声優 ⇒ 佐藤和太

マイク
吹き替え声優 ⇒ 田中裕二

サリー
吹き替え声優 ⇒ 石塚英彦

グレーブズ先生
吹き替え声優 ⇒ 柳原可奈子

ランドール・ボッグス
吹き替え声優 ⇒ 青山穣

イエテイ
吹き替え声優 ⇒ 立木文彦

ハードスクラブル学長
吹き替え声優 ⇒ 一柳みる

スクイシー
吹き替え声優 ⇒ 嶋田翔平

ドン
吹き替え声優 ⇒ 宝亀克寿

 

まとめ【モンスターズ・ユニバーシティ】

キャッチコピーは、
「誰だって、子供の頃の夢がある。難しいのは、その夢を持ち続けること…。」

2013年に開催されたハリウッド映画祭において、
アニメーション映画賞を受賞し、作品賞にもノミネートされた。

 

sponsored link

人気ページランキング

第1位

可愛い声優ランキング2017

第2位

イケメン声優ランキング2016

第3位

歴代のひどい吹き替え作品まとめ

第4位

人気声優年収ランキング2016

第5位

可愛い声優ランキング番外編


sponsored link